「運転資金不足にならないために、どう準備すればいい?」

銀行は陽が出ているときの日傘は貸すが、雨が降っているときに雨傘は貸さないと言われたりするのを聞いたことはありませんか? 「雨が降る」、つまり、「資金不足」に陥ったら、なかなか対応は難しいということです。資金は事業の血流の様なもので、利益はなくても会社はすぐには倒産しませんが、資金繰りが止まると事業は生き延びることはできません。日ごろから資金繰りへの計画を立て、資金が不足しないように対策を立てておくことが肝心になります。税理士法人、または、ビジネスセンターへご相談ください。資金調達方法の多様化を含め、資金繰りに関するご支援をさせていただきます。

関連記事

  1. 「会社の余剰資産の運用を上手にできないか」

  2. 「新会社を設立するにはどうすればいい?」

  3. 「借入金返済を減らしたい」

  4. 「建設業を始めるのに必要な許可はどうしたらいい」

  5. 「会社で土地・建物を購入/売却の登記をしたいが、どうしよう?」

  6. 「新開発した製品(名)を真似されたくない」